一人暮らしを札幌で初めてする・・・お部屋探しから新生活で失敗しない方法とは?!

information

ご訪問ありがとうございます。
このブログは札幌を舞台に情報を発信していますが、地域の特殊事情を除いては、賃貸業界の仕組みはどこであっても変わりはありません^^
ぜひ、へや蔵のブログを参考にして、あなたの一人暮らしにお役立ていただければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット礼金と原状回復費用と内緒・・・

こんにちは、へや蔵です。


ペットを飼っている場合の退去の際の原状回復義務について、よく勘違いしている人がいます。
ペットの飼育OKで入居したのだから、当然通常の場合よりも「大目」に見てもらえると思っているんですね。

「ペットを飼うことが前提に入居したんだから、当然多少の汚れは大目にみてくれるんでしょ?!」

いえいえ。
ペットを飼っていても、通常の退去清算の考え方と変わりません。

ペットを原因とする汚損破損や臭いについては、飼い主である借主が補修費用負担を負わなくてはならないということです。建具や柱の噛み跡、クロスの傷、オシッコによる床の傷みなど、そして臭いです。
ペットを飼っていない場合よりも、飼っていた場合の部屋の傷みかたのダメージが大きいのは容易に想像がつきますよね。

繰り返しますが、
ペットの飼育で傷んだと思われる箇所の補修費用はあなたの負担になります。
通常ペットを飼っていなければ傷まなかったであろう修理ですから当然なんです。

「じゃあ、入居するときに払った礼金はどうなるの?」となります。

一般的に、ペットを飼う場合の入居条件として「ペット礼金」がかかることが多いです。
家賃の1か月分です。

で、よく勘違いされているのが、この「ペット礼金」が退去時の補修費に充当されると思ってる人がとても多いです。あくまでもこの礼金は、大家さんへの「ペットを飼育させていただくための、お礼」なので返金されません。

ちゃんとしつけをしないでいると、退去するときに大変なことになりますよ!

で、こう考える人がいます。

「じゃあ、礼金の払う意味がないんだったら内緒で入居しちゃおうかな。お部屋も好きなところを選べるんだから一石二鳥!」

この考え、最悪です。
やめたほうがいいです。

絶対にばれます。

前回前々回にお話したとおりです。
入居者みんながペット好きなわけではありません。


1回「ワンワン!」という声が聞こえた時点で、他の入居者は大家さんあるいは管理会社にクレームの連絡を入れます。
「○×号室で犬の鳴き声がしました!」と。

ペット不可の物件に内緒でペットを飼育していた場合、大切なペットを手放して離れ離れになるか、それが嫌なのであれば、いっしょに即刻お部屋を退去しなくてはなりません。

そして、例え入居中にばれなかったとしても退去のときにばれます。

退去立会いの時、大家さんが部屋に入った瞬間にするんです、「臭い」が。
普段ペットといっしょに生活しているあなたは臭いがしなくても、第3者には臭いがわかるんです。

そして、残っているんです、あなたのかわいいペットの「毛」が。
きれいに掃除したつもりでも残ってるんです。

大家さんに了解してもらって飼っていたわけではないので、通常以上の現状回復費用の支払いは覚悟が必要です。傷んでいるところはほぼ間違いなくあなたに請求がくると思います。

だってあなたは契約違反をしていたのですから。

ですから、お部屋探しのときに、営業マンに正直に伝えてください。

「ペットの飼える物件が希望!」と


これからペットを飼おうと思っている人は、今からしつけの勉強をしておきましょう。

その上で、責任を持ってペットを飼えるかどうか自分でもう一度考えてみてくださいね。。。

スポンサーサイト

ペット可賃貸物件は新築マンションがいい?

前回の続きです。

犬の飼育ができる賃貸物件には、大きく分けて、2つのケースがあります。

①新築当初(最初)からペット可の物件

②途中からペット可になった物件

この違いわかりますか?

①は、マンション全体がペットの飼育を前提に建てられたものです。
例えば、共用部にペット用の足洗い場が設置されていたり、リードフックが付いていたり、室内の床材も傷のつきにくいペット仕様のものを使われていることがあります。
(注)全てではありませんので必ず確認してください。

そして何より新築を選ぶ一番の理由は、

その新築マンションの住人みんなが、ペット可マンションだということを承知で入居しています。

仮に犬を飼っていない入居者も、それを承知で入居しているわけですから、多少の鳴き声や騒音はある程度覚悟しています。
ペットが嫌いな人や、ペットアレルギーを持った人は、あえて住もうと思わないですよね?
ましてやペットを飼っている入居者であれば「お互い様」ですから、多少のことは許されます。

でも、②の場合はそういうわけにはいきません。
もともとペットを飼っていない入居者がほとんどです。
もしかしたら、あなたが最初のペット住人になるのかもしれません。

あとからペットが飼えるようになるケースの多くは、

「犬を飼っているお客さんが入居を希望されています。空室にしておくよりいいですよね、大家さん!?」

と不動産会社が大家さんに交渉します。

そして、大家さんは

「それもそうだ。空室のままにしておくくらいだったら、OKにしよう・・・」

となるのです。

でも、このとき大家さんは営業マンに必ず聞きます。
「周りの人に迷惑をかけたりしないのかい?大丈夫かい?」と。

そして、営業マンは答えます。
「大丈夫です。しっかりした飼い主さんで、しつけもしっかりしています。決して迷惑をかけませんから」
(注:根拠はどこにもありません。ただの営業トークです)

「じゃあ、OKだよ!」


大体このような流れです。
そしてめでたく契約、入居となります。

そこに厳しい現実が待っています。

すでに入居している人の中に、ペットが嫌いな入居者がいたら・・・
新築では許されるような、ちょっとしたことにも、「うるさい!」「臭い!」「迷惑!」となるのです。

実家にいたときは、大人しかった愛犬も、環境が変わり不安になります。実家ではあなたが外出していても、家族の誰かが家にいたことでしょう。でも、一人暮らしを始めた今は、あなたが不在のときは部屋には誰もいません。

それから、一人暮らしと同時に、初めて、念願のペットを飼いはじめる人も多いです。
こちらは、もっと大変です。しつけの基本から始めなければなりません。

どちらにしても、賃貸マンションで、そして一人暮らしで犬を飼うということは簡単なことではありません。

だからといって、ペットの飼育はやめたほうがいい、と言っているわけではありません。

営業マンが大家さんに言った(営業トーク)ように、あなたは「しっかりした飼い主さんであって、しっかり愛犬をしつけなければならないのです」

(結論)

これらのプレッシャーの中、愛犬を飼うにあたり、精神的ハードルが低いのは、ペット可新築マンションあるいは新築当初からペット可だったマンションがおすすめです。

これに対して、後からペット可になった物件は、既存の入居者によって左右されます。
特に、営業マンがあなたのために大家さんに交渉して、ペット可になった物件は要注意です。他に誰もペットを飼っている人はおらず、あなたが第1号になるわけです。
入居後、どのような試練が待っているかわかりませんので・・・

ペット可賃貸マンションの部屋探し

一人暮らしでペットを飼うには、沢山のハードルがあります。

まず、ペット可の賃貸マンションが、あなたの希望する場所、家賃、築年数、間取り、広さ、設備などの条件で存在するかどうかです。
ペットを飼っていない場合でも、自分の気に入った物件を探すのはとても大変なことです。

仮にペットがいない条件で、希望に近い物件が10軒あったとします。
そこに部屋探しの条件として「ペット可」が加わると、その10軒が1軒に減ってしまうのです。10軒の中から選ぶ立場から一転して、そこ(1軒)で決めなければならないという状況になるのです。

ペットを飼うと決めたのであれば、かわいいペットのために、自分の数ある希望条件を捨てなくてはならない覚悟が必要です!

ところで、ペット可物件は一時期増えていましたが、ここ最近は減ってきています。
なぜだかわかりますか?

それは、
お部屋の借主である飼い主が、ペットのしつけがきちんとできていないからです。

過去にペットを許可していた大家さんも、後悔して今ではペットNGにしています。
特に犬の飼育を許可した大家さんです。

大きな理由の一つとして、
「あなたの不在中に吠えて、近隣からクレーム」がくることです。

飼い主であるあなたは、日中仕事にでかけているわけですから、あなたの愛犬は一人(一匹)でお留守番です。
さみしくてさみしくて鳴いてしまう、あるいはワンワン無駄吠えをするのです。
仕方の無いことですが、他の入居者からしてみると迷惑です。
他の入居者も、みんな日中外出しているとは限りません。中には夜が仕事時間で、日中は寝ていてる入居者もいます。

また、吠えるのは日中だけではありません。
あなたと部屋にいっしょにいるときにも吠えます。

共用部で人の歩く音がすると吠える
インターホンが鳴ると吠える
救急車などのサイレンに反応して吠える


犬の吠える材料はいくらでもあります。

そして、近隣からのクレームを受けるのは、大家さんです。
大家さんは思うんです、「こんなことなら許可しなきゃよかった・・・と」

それともう一つ、大家さんが犬の飼育の許可を辞めた理由は「退去後の室内の惨状」が原因なんです。
やっとクレームから解放されると思っていたのもつかの間、

退去後、部屋を見てみると、無残・・・

あちこちにオシッコをしたあとがあり、床が腐っている、建具には噛んだ痕がある、そしてなにより部屋中が強烈に臭い・・・

「もう二度とペットなんて、許可しない!!」となるのです。

数年前、ペットブームとともに、あちこちのマンションで飼育がOKになり、そして、今、ここ数年で退去がでてきて、このような大家さんが増えてきているのです。


一人暮らしでペットと同居する場合は、かわいがるだけではなく(気持ちはわかります)、きちんとしつけをすることが必要です。

あなたを信用してくれた大家さんを裏切ってはいけません。

つづく

車庫上の部屋は寒い?

こんにちは、へや蔵です。


1階が車庫になっている木造のアパートは寒いか?




寒いです。

このタイプのアパートは札幌にはたくさんあります。
そして車を持っている人からは、根強い人気があります。
札幌は雪が降りますので、屋根の無い駐車場ですと、車の上に雪が積もってしまい、雪を下ろすのにひと苦労ですが、車庫だとこのような苦労はしなくてもいいので楽です。

でも、寒いですよ。
特に、車庫上の部屋が。

自分の部屋の下に住んでる人がいないわけですから、「暖」がありません。
たとえば、鉄筋マンションの上階に住んでいたとしても、自分の下の部屋に人が住んでいる場合と、住んでいない場合を比べると、当然人がいない空室のほうが冷えます。

これが、木造アパートの車庫上の部屋は、寒気が24時間自分の部屋の下に入り込んでいるわけですから、底冷えします。

。。。

冬、仕事から帰ってきて、部屋のドアを開ける。

灯りのついていない部屋、待ってくれている人のいない部屋(だとして・・・)、 そして暖房器の点いていない部屋・・・

超、寒いです。

へや蔵さんなら住みますか? と聞かれたら即答します。

嫌です。

部屋が暖まるまでに時間がかかりますし、暖まるまでお風呂やシャワーに入れません!
部屋が暖まりにくいので、暖まるまでに余計に時間がかかり、燃料代も高くなります。
さらに、しばれる日(凄く冷えこむ寒い日、という意味です)は水道凍結の恐れがでてきます。

そしてもう一つ、やめたほうがいい理由として。
音の問題があります。
シャッターの開け閉めの音です。車庫上は、響きます。
仮に、自分の部屋の下が自分が使っている車庫ならまだいいですが、他の入居者の車庫だとしたら・・・


あなたが、ベッドに入って、うとうとしてると、

アパートの前でエンジン音が止まる。

しばらくして、シャッターの開ける音が、ガラガラガラー!!!とする。

車を車庫に入れた後、また、

シャッターの閉める音が、ガラガラガラー!!!

うるさいです。


ということで、車を持っていない人は、車庫上の部屋はやめた方がいいです。
車庫上ではなく、さらにその上の部屋なら、まだいいと思います。

でも、車を大切にしていて、部屋探しの条件が車最優先の人にはいいと思います。
なんといっても、雪国での車庫は便利で楽ですからね。


あと、木造ではなく鉄筋マンションで1階部分が駐車場(ピロティと言います)や自転車置き場になっているタイプがあります。
木造ほどの寒さはありませんが、やはり下階が居室ではない場合は、上階の部屋に比べると寒いです。
もし上の階が空いているのであれば、上の階の方をおすすめしますね。

退去のときの家賃の計算方法

こんにちは、へや蔵です。


退去するときの、最後の家賃の支払いはどうなるのか?

まず、お部屋を退去するときは大家さん、又はマンションを管理している管理会社に「解約届け」を出さなくてはいけません。
連絡方法は、自分でマンションを管理している大家さんであれば、口頭で伝えても問題ありませんが、管理会社の場合は書面で郵送した方がいいです。
口頭だと、後になって「解約連絡を聞いていない」とか「伝えた退去日が間違えられていた」ということもありますので、トラブル回避のためにも、書面で伝えた方が間違いありません。

一般的に、この届出は解約する1ヶ月前までにすることになっています。

例えば、今日が10月11日とすれば、来月11月10日までの家賃がかかります。

計算方法は、家賃が45,000円とした場合、

45,000円÷30日(1か月)×10日分=15,000円
となります。
これを日割り計算契約といいます。

あと、共益費、定額制の水道料金や町内会費などは日割り計算になりません。

すでに10月分の家賃は、9月末までに支払いが終わっていると思いますので(滞納していなければ)、11月の10日分を10月の末日までに支払うことになります。


「でも、10月末に退去する場合は、11月分の10日分は払う必要はないよね?11月は住まないから。」

と、思ってしまいますが・・・

いいえ、払わなければだめなんです。
お部屋を借りるときに、大家さんとあなたはそのような約束をしているのです。

でも、これは普通の契約内容ですから安心(?)してください。

ですから、退去するときは、転勤など急な引越しではない限り、余裕を持って解約届けをだしましょう。


ところで、

ごく稀に「2ヶ月前」解約契約になっている物件があります。

どうなるかと言いうと、

さきほどの「1ヶ月前」解約の計算方法が、単純に「2ヶ月前」で計算することになります。

このような条件のある物件に住むと、退去するタイミングに、非常に気をつかいます。
よく考えて退去届けをださないと、1ヶ月分以上の家賃がムダになるわけですから。

ただ、ほんとに数は少ないです。
そうそうこのような物件には当たりません。

ですから、もしあなたの気に入ったマンションにこの特約があったらお気の毒です。
その時は運が悪かったと・・・


あと、他に「半月計算」契約があります。

これは、1ヶ月の家賃を日割計算するのではなく、「半月分」か「1ヶ月分全額」のどちらかというものです。

どのようなものかと言いますと、

契約終了日が、15日までのときは半月分、16日以上のときは1ヶ月分全額を支払わなければないりません。

例えば、先ほどの例で言いますと、契約終了月が11月10日となります。
「15日までのとき・・・」の契約となりますので、家賃45,000円の半分の、22,500円になります。
日割り計算契約に比べると、5日分多く払うことになります。

例えば、契約終了日が11月18日とします。
「16日以上のとき・・・」の契約に該当しますので、家賃は45,000円全額になります。
日割り計算契約に比べると、10日以上も余計に多く支払うことになります。

ちょっと損した気分になりますね。
実は日割計算方法よりも、この半月計算契約の方が多いのです。

契約前に、これらの解約時の家賃計算方法は説明されますが、大抵が契約する物件を決めて、申込書を書き、審査が通ったあとからになりますので、どうしても先に知りたい人は、物件の紹介を受けている段階で確認してください。


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © 一人暮らしを札幌で初めてする・・・お部屋探しから新生活で失敗しない方法とは?! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。