FC2ブログ

ペット可賃貸マンションの部屋探し - 一人暮らしを札幌で初めてする・・・お部屋探しから新生活で失敗しない方法とは?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット可賃貸マンションの部屋探し

一人暮らしでペットを飼うには、沢山のハードルがあります。

まず、ペット可の賃貸マンションが、あなたの希望する場所、家賃、築年数、間取り、広さ、設備などの条件で存在するかどうかです。
ペットを飼っていない場合でも、自分の気に入った物件を探すのはとても大変なことです。

仮にペットがいない条件で、希望に近い物件が10軒あったとします。
そこに部屋探しの条件として「ペット可」が加わると、その10軒が1軒に減ってしまうのです。10軒の中から選ぶ立場から一転して、そこ(1軒)で決めなければならないという状況になるのです。

ペットを飼うと決めたのであれば、かわいいペットのために、自分の数ある希望条件を捨てなくてはならない覚悟が必要です!

ところで、ペット可物件は一時期増えていましたが、ここ最近は減ってきています。
なぜだかわかりますか?

それは、
お部屋の借主である飼い主が、ペットのしつけがきちんとできていないからです。

過去にペットを許可していた大家さんも、後悔して今ではペットNGにしています。
特に犬の飼育を許可した大家さんです。

大きな理由の一つとして、
「あなたの不在中に吠えて、近隣からクレーム」がくることです。

飼い主であるあなたは、日中仕事にでかけているわけですから、あなたの愛犬は一人(一匹)でお留守番です。
さみしくてさみしくて鳴いてしまう、あるいはワンワン無駄吠えをするのです。
仕方の無いことですが、他の入居者からしてみると迷惑です。
他の入居者も、みんな日中外出しているとは限りません。中には夜が仕事時間で、日中は寝ていてる入居者もいます。

また、吠えるのは日中だけではありません。
あなたと部屋にいっしょにいるときにも吠えます。

共用部で人の歩く音がすると吠える
インターホンが鳴ると吠える
救急車などのサイレンに反応して吠える


犬の吠える材料はいくらでもあります。

そして、近隣からのクレームを受けるのは、大家さんです。
大家さんは思うんです、「こんなことなら許可しなきゃよかった・・・と」

それともう一つ、大家さんが犬の飼育の許可を辞めた理由は「退去後の室内の惨状」が原因なんです。
やっとクレームから解放されると思っていたのもつかの間、

退去後、部屋を見てみると、無残・・・

あちこちにオシッコをしたあとがあり、床が腐っている、建具には噛んだ痕がある、そしてなにより部屋中が強烈に臭い・・・

「もう二度とペットなんて、許可しない!!」となるのです。

数年前、ペットブームとともに、あちこちのマンションで飼育がOKになり、そして、今、ここ数年で退去がでてきて、このような大家さんが増えてきているのです。


一人暮らしでペットと同居する場合は、かわいがるだけではなく(気持ちはわかります)、きちんとしつけをすることが必要です。

あなたを信用してくれた大家さんを裏切ってはいけません。

つづく

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © 一人暮らしを札幌で初めてする・・・お部屋探しから新生活で失敗しない方法とは?! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。